投稿

これも政府シャットダウンの影響かしら

イメージ
アメリカ政府はまだ一部がシャットダウンしたまま。もう1ヶ月近くになる。

これも「壁作りに協力しないんなら、強制シャットダウンするから」という現大統領のオフレによるもの。このシャットダウンに関連する政府機関で働く人達は、この間お給料がもらえない状況が続いている。

先日の日本帰省からの帰り、アメリカ再入国で通過する空港の入国審査はTSA(アメリカ運輸保安局)の管轄で、ここで働く人達(入国審査官など)もシャットダウンでお給料が出ないまま働いているらしい。
払われないお給料は政府が再開すれば後に貰えるらしいけれど、まず今「家賃払えない」「今月ローン返済できない」はたまた「食費が無い」などの問題に直面している人もたくさんいるらしい。

そんな状況なので、お金が出ない仕事に来るくらいならと病欠してみたり、または何も届けること無く「やってられない」とただ欠勤する人も出ているという。

その最中にアメリカ再入国したので、夫とは「この状況が吉か凶かは通過してみないと分かんないね」と飛行機を降りて入国審査場へと進んだ。

ただでさえ長い時間を要するアメリカの入国審査。その審査具合も審査官の匙加減しだいとも言うので、「やってられない」気分でテキトーに審査されいつもより早く審査パスすれば「吉」。「やってられない」不機嫌な審査官にでもあたり再び別室送りで長時間となれば「凶」というところ。

東京から12時間のフライト後やっと着いたJFKの入国審査場。いつも通り外国人パスポート用には長蛇の列。加えて動く気配無し。

私はアメリカパスポートを持つ夫と息子と共に家族で入国するので、アメリカパスポート用窓口側へ向かった。外国人用側に比べれば列はだいぶ短いものの、こちらも動く気配無し。しかも何台もズラリ並ぶ審査処理用マシーンには全て「out of order (故障中)」の貼紙で、電子は機能していない。

そして列の先には、審査官が座る窓口が2箇所のみ。

JFK空港で、こんなにカウンター窓口があるのに、審査官がたった2人とは。。。列も動かないはずだ。

と、思っていた矢先、こちらアメリカパスポート側はテンポ良くスルスルと進み始め、やがて我が家の番。
3人分、しかもいつも長々とチェックされる非米国人の私がいるのでそれなりに時間がかかるだろうと思いきや、日本人として日本へ入国する時並のスピード処理だった。パスポートとグリーンカードをチェック…

ベビーフリーで地元レストラン "blu Fig"

イメージ
海外在住者ブログで、とにくNYなんて美味しいものやおしゃれなお店がたくさんある街から発信される記事には、話題のレストラン&現地在住者ならではのローカル食スポットの情報が、美味しそうな写真とともにアップされることしばしば。
私も「料理嫌い」を豪語するくらいなので、誰かに美味しいものを作ってもらえる外食は好き。 しかし、しがない我が家のお財布事情や、1歳半の小さい子連れの状況から、なかなか落ち着いてゆったりご飯が楽しめるお店には行かれないのが現状。
なので、このブログにはファンシーな外メシ話はなかなかあがってこない。。。
でも、今日はここぞとばかりに「Seared Tuna Salad (炙りマグロのサラダ)」の画像を!
昨日、夫と2人で行ったランチより。
お店は我が家があるロックランド郡の地元レストラン blu Fig。 せっかく2人なので「子供用ハイチェアがあるか?」「子供が騒いでも平気お店か?」と考えなくて良いのだから、どうせならいつもは躊躇して行かないようなお店にしようとランダムに選んでみたカジュアルレストラン。
日本帰省での長い移動や、その後の時差ボケ生活から、フレッシュな野菜をざっくざく食べたい気分だったので、オンラインレビューで見た写真でも気になったこのマグロのサラダをいただいた。
好物のルッコラの山盛りに、黒コショウがまぶされ炙られた分厚いマグロがたっぷりのったサラダ。 ドレッシングは何だったのか詳細不明だけど、ちょっと白味噌を感じる風味の酸味あるさっぱりソースで、ブラックペッパーのマグロともよく合って、どんどんお箸(フォーク)が進んだ。
サラダだけじゃなく、もうちょっと何かつまみたいじゃん、、、と、サラダ前のアパタイザーには夫と「ズッキーニチップスのツァジキソース添え」もシェアし、良い塩加減に"一杯"欲しくなる気持ちを抑えつつ、美味しさのあまり2人無言で黙々とチップスを口に運んだのでした。
さて、こんな2人だけの外食ができたのも、夫と夫の実家のおかげ様。 先日の日本帰省では、慣れない旅の環境で「母ちゃんにべったり」を発症し、そして恐らく「イヤイヤ期の始まり」がやってきたと思われる息子。
NYに戻ってからは、私は時差ボケのまま仕事に行き、帰宅後は再び「母ちゃんべったり&イヤイヤ」の相手をしていた私のためにと、夫と夫の実家が計画してく…

遅ればせながらのHAPPY NEW YEAR

イメージ
空の上からこんにちは。。。 というのは数日前のことで、、、今は自宅リビングにて、時差ボケで変に目が冴えているのをチャンスと思い、ご無沙汰のブログを書いてみている夜中前。
昨年末から年始にかけて、広島の私の実家で過ごしていた我が家。 息子は歩き回りたい盛りの1歳半になり、それを連れてのしがないエコノミークラスでのロングフライトは決して楽しみなものではなかったし、思った通り(以上に)大変だったけど、それを乗り越えての日本の家族との年越しは本当に有意義で幸せな時間だった。
息子にとっても長旅と慣れない日本の環境はストレスだっただろう。。。 でも、記憶にはまだ残らなくても、何か感じて刺激になっていれば良いな...と母は勝手に思っている。
日本へ帰省するたびに毎回思うのだけど、滞在が終わりに近づきアメリカへの出発が迫ってくるにつれて日本への名残り惜しさがハンパない。 それは、、、日本の家族との時間が愛おしいのだろうし、仕事の無い休暇中での快適さゆえ、はたまた復路ロングフライトがあまりに楽しみで無いから帰りたくない、と色んな思いが混ざっているから。 でも、そんな名残り惜しさが「また来れるように元気で頑張ろう!」の原動力。
またポツリポツリととりとめのないぼやきのブログを書きつつ、今年も楽しみながら過ごしていこうと思う2019年1月第2週目。

心をこめて綴ります
バナーをワンクリックでランキングの応援をお願いします

にほんブログ村

今年の初雪にやられた

イメージ
NYCとその周りのエリアでは「初雪」となった今週の木曜日。 今回は、積雪を甘く見過ぎていた。。。
木曜日はいつも通り通勤。 私の住むあたりでは、午後に数時間ほど雪の予報が出ていたけど、積雪も数センチほどだと思っていたし、雪も雨に変わると言われていたので、ミゾレっぽいのを予想していた。 ROCKIN WASABI INSTAGRAM が、なんのその。
思っていた以上に降ったうえ(結局7インチ近く(約17cm)の積雪)、道はどこもかしこも大渋滞。 結果、7時間もかかって帰宅する大変な午後になりました。
たぶん、みんな11月の初雪を甘く見ていたんでしょう。。。雪が本番になると、道には一気に車が溢れ出しました。 急に本格的に降り始めた雪を見て「これはまずい」と私達がオフィスを後にしたのが午後3時。 いつもは最寄り駅までバスで10分のところ、酷い渋滞のため車で3時間経っても着かない。最後は車を降りて雪の中をズボズボと駅まで歩く。 皮肉なもので、いつも遅延やキャンセルが多い電車のラインはこんなとき意外と普通に走っていて、多少の遅れはあったものの、いつも通り1時間ほどの乗車時間で地元駅に到着。 そこから我が家まで、通常10分ほどのところ、再び渋滞の中を3時間。 で、7時間かけて帰宅したのは夜10時。長かったぁ。。。
しかし、道路のいたるところにスリップやガス欠やトラブルで立ち往生したり、乗り捨てられた車が何台もいて、その合間をこっちもズルズル滑りながら、上り坂に止まってしまわないか冷や冷やしながら、通り抜けてきたことを思うと、無事に帰宅できただけでもありがたく思わないと。
途中の道路脇には、「あ、あそこにも立ち往生の車」と思いながら横を通っていくと、夜の闇と同じ色、真っ黒になって窓ガラスもトランクもボンネットも崩壊した、『本当に往生した車』が止まっていた。 どうやら上り坂でこれ以上前に進めなくなったのか、何度も思い切りエンジンを噴かせて進もうとしたんでしょうね、エンジンが炎上したようで、焼けた車になっていました。
翌朝(本日)もまだそこに…通りすがりのLLAMA(夫)が撮影
瀬戸内育ちの私、大渋滞も立ち往生車も、雪でこんな大惨事をみるのは初めてでした。 この痛い目は、今年の冬への良い教訓。 ちょっとの雪予報で油断しちゃいけないなと、改めて実感しました。


心をこめて綴ります
バナーをワンクリックでランキングの応援をお願いし…

銀のスプーン

イメージ
昨日は午後から息子を夫の実家に預けていた。 息子をピックアップし帰宅すると、「見てみて、これ♪」と夫。 いつも使うのよりもだいぶ"柄"(持ち手)の短いスプーンが3つとフォークが1つ。 どれも日本の喫茶店のコーヒーについて来るくらいの長さのもの。
話を聞くと、これはベビー用のシルバーウェアとのこと。 どれも銀食器で、そしてそれぞれお義母さん、お義父さん、夫の物だったらしい。

お義母さんのベビースプーン。
柄のところにお義母さんの名前が入っている。

お義父さんのベビースプーン。
"Mein erster Loffel" ドイツ語でMy first spoonfulと書かれたデザイン。

柄のデザインが同じベビースプーンとフォークのセットは夫のもの。

どれも10㎝くらいの小さな銀製スプーンとフォーク。 子供が産まれると、こんなふうにその子用のスプーンやフォークを用意し、また人生で初めての食器としての記念にもなる。 実家のおもちゃも然り、こんなふうに小さなものも大事に保管してくれていて、またそれを我が家へ受け継がせてくれることをとてもありがたく思う。
現在、すでに何てことのないプラスティック製のベビースプーンを使用している我が家。 「初めて」には出遅れてしまったけれど、記念に息子にもシルバーウェアのベビースプーンを用意してあげたいなと、ロマンチストな私達はテンションがあがっているところ。


心をこめて綴ります
バナーをワンクリックでランキングの応援をお願いします

にほんブログ村

日本のに比べアメリカのパッケージったら

イメージ
日本のパッケージって本当に素晴らしい!というのはずっと常日ごろから思うこと。
日本からのお土産なんかで、お菓子の詰め合わせやチョコレートやお煎餅でさえ、それはもうステキな箱に入っているものだと感動する。 箱が紙製であっても、その頑丈さや丁寧な構造と組み立て、また中の仕切りや飾りの凝ったデザインなど、「手がかかってるなぁ…♪」としみじみ思うものが多いのです。 (そしてそんなしっかりで貴重な箱は、中身を食べた後もきちんととっておいて物入れや収納に使う我が家。)
丁寧なパッケージは何も特別なお土産だけでなく、日用品や日頃の食品を包むものにも言えること。 例えば、、、ペットボトルのラベルをはがす点線が入ってるとか、開封後もちゃんと蓋が閉じるよう設計されてしかもちゃんと機能する開け口とか、「ここから開けてね」又は「こっち側のどこからでも開けられるよ」と書かれその通りにちゃんと開けられる袋とか(しがない我が家で挙がる例は全て庶民的な品ばかりだけど)。 こんなに多機能なうえに、包装自体がしっかりしかもキレイで気が利いている。
こないだなんて、、、 雨の日の遅い帰宅で、魔が差して食べたバーガーキング。 チキンナゲット用のランチソースのパッケージを開けようとしたら、蓋シールが3分の1のところで破れて開いてしまった。
こういうの、割り箸が不均等に割れてしまう確率よりよく起こるので、「あーあ、またこんなになったよ。」とボヤきながら狭い開け口にナゲットを突っ込むようにディップしていると、、、

傍らでは夫が「そんなんマシだよ…俺のなんてさぁー」と、 もっと切ないことになっていた。
ナゲットどころか、ポテトさえ入るスキがありゃせん。

かわいそうだけど、あまりの「ちっちゃい開き具合」に笑わせてもらい、 更には、かわいそうだし早く食べたいしでイライラしている夫をよそに、2つ並べた図の写真を撮る私は鬼嫁だった。 こういう不具合は日本のパッケージでもたまにあることでしょう。 ただ、不具合の起きる頻度はアメリカの方が断然多い、と何年かこちらに住んだ経験から思う。
まぁ、蓋がキレイに開かなくっても、はたまた一回開けた蓋をまた閉められる構造になっていなくても、、、 「ココから破れ」と書かれた場所に切り込みがなくても、点線模様だけ印刷されてミシン目が入っていなくても、、、 真空パック包装の開け口印に沿って切ってみても、まだそこは真空の密着部分で何…

闇が来る前に、、、

イメージ
Daylight Saving (サマータイム)が終わり、時計を1時間遅らせもとの時間に戻したため、1時間得をした気分の週末。
そのため、時間はもとに戻ったとは言え、感覚的には先週までよりも「朝が早く明るくなって、夜も早く暗くなる」かんじ。 NYCあたり、冬は午後4時半になればもう暗い。 仕事が終わってオフィスを出ると本当に真っ暗だったりすると切ない。。。 NYCの街中だと、周りの照明や人通りなどで、暗くなっても活気があるのだろうけれど、マンハッタンから一歩出たところの私の職場近辺は、夕方を過ぎると暗い・人いない・物騒な場所になる。
なので、できるだけ真っ暗になる前に帰路につきたく、朝からちゃっちゃと仕事を進めていくことが肝心。 今では子供との時間のためにも、早い帰宅が大事になっているのでなお更。 仕事と家庭と、上手にバランスをとっていかなきゃいけないな、、、と思いながら、今日もこれから出勤です。

心をこめて綴ります
バナーをワンクリックでランキングの応援をお願いします

にほんブログ村